タニタ BC-705N-WHがベストセラー1位な訳

僕自身、以前はアナログのいわゆる「体重計」を使っていましたが、いまは数年前に購入したタニタの「体組成計」を愛用しています。

かなり普及してきていますし価格も手ごろなものが増えているので体組成計を使っている方も多いと思いますが、初めての購入を検討されている方や2台目の購入を考えている方にぜひ注目してもらいたいのが、アマゾンの「重・体脂肪・体組成計」カテゴリでベストセラー1位の『タニタ 体組成計 BC-705N-WHなんです。

▼今すぐタニタ BC-705N-WHを購入したい方▼

タニタ BC-705N-WHの購入はこちら

 タニタ 体組成計とは?

BC-705N-WHの具体的な製品特徴の前に、そもそも「体組成計とは何なのか?」ということを簡単に把握しておいたほうがいいですよね?

タニタのホームページでの説明によると、まず「体組成」とはですが、ひとことでいうと「身体が何からできているのか?」ということだそうです。

簡単にこの「何からできているのか」を知る方法のひとつとして、「生体電気インピーダンス法」という体組成計での計測があって、これによって身体は「脂肪」「筋肉」「骨」「水分」という組成分は大きく分けてになりますに大きく分けることができます。そして、体脂肪率や基礎代謝量などといった計測ができる機器のことを「体組成計」とよんでいます。

肥満や生活習慣病の予防や改善といったことには、まず自分の身体の状態を「知る」ことが重要ですよね?

たとえば、標準よりも脂肪が多すぎたり、あるいは筋肉が少なすぎたりといったバランスの悪い体組成になっていると生活習慣病や体調の乱れにつながるわけですね。そうならないために身体の状態を日々チェックして常日頃から健康を意識する必要があります。

一般的な体重計や体脂肪計では分からなかった「筋肉量の減少」や「基礎代謝量の減少」、あるいは「内臓脂肪レベルの増加」といったことも、体組成計を利用すれば簡単にチェックすることが可能です。つまり体組成計は、肥満や間違ったダイエットを防ぐことができる器具といえます。

タニタはその体組成計メーカーとしてもっとも人気があり支持されているメーカーなんです。

タニタ BC-705N-WHの機能

BC-705N-WHはタニタの体組成計の中でも最も安い部類になりますが、基本的な機能をひと通りおさえているのが人気の理由です。それでは、BC-705N-WHの機能を見ていきましょう。

体脂肪率

本当の「肥満」は体重よりもむしろ体脂肪率で判断することが一般的になっています。体脂肪とは活動エネルギー源として身体に必要なもので、それ以外にも体温を一定に保ち、体を外的衝撃から守ったり、肌に潤いを与える、さらにホルモンの働きを正常に保つなどの役割があります。

ところが、体脂肪率が高すぎると生活習慣病である高脂血症、高血圧、糖尿病などの原因になってしまいます。最近では、子供の肥満も大人と同じように高脂血症、高血圧、糖尿病といったいろいろな健康障害を引き起こす可能性も指摘されていて、子供の肥満の多くがそのまま成人肥満へ移行する危険性が高いので気をつける必要があります。

BC-705N-WHでは体脂肪率を0.1パーセント単位で測定することができます。

BMI

BMIはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略称です。太っているか、やせているかといった肥満度を表す指標として世界共通の計算方法で国際的に用いられています。

筋肉量

筋肉量が少ないと、エネルギー消費が減るために脂肪が蓄積しやすくなります。この結果、さまざまな病気の原因になるので筋肉量に注意を払うことは健康のためにとても重要です。数値で表示します。

内臓脂肪レベル

内臓脂肪とは、腹筋の内側であったり内臓の周りについた脂肪のことをとさします。よく言われる「メタボ」に代表されるように、内臓脂肪の過剰な蓄積は循環器系疾患などの生活習慣病の発症と密接な関係があることが知られています。BC-705N-WHでは内臓脂肪の状態を内臓脂肪レベルとして表示します。

基礎代謝量

1日の総消費エネルギー量のうちの約70%を占める、生きていくために最低限必要なエネルギーのことを基礎代謝といいます。一般に基礎代謝が多い人は脂肪が燃えやすい体質で肥満になりにくく、逆に少ない人は脂肪が燃えにくい体質なので太りやすいと言われています。この基礎代謝量を数値で表示します。

体内年齢

体組成と基礎代謝の年齢傾向をもとにタニタ独自のデータと照らし合わせて、体内年齢を1才単位で表示する機能です。

 

タニタ BC-705N-WHでは、上記のような必要にして十分な機能を搭載しています。

また、5人まで登録可能で「乗るピタ機能」によって自動的に登録してある中から誰なのかを把握してくれるので、いちど登録してしまえば特別な操作なしで「乗るだけ」で測定できてしまいます。

他の体組成計との比較

タニタや他メーカーの上級機とは何が違うのか気になりますよね?

ひとことで言ってしまうと、「それ以外のことも測定できる」だけです。

例えば、「推定骨量 」だとか「体水分率」といった項目で、それらの測定をしたい方にはBC-705N-WHはお勧めできませんが、特にこだわりがなければBC-705N-WHで十分だと思います。

他には上級機ですと測定値を標準値と照合して、赤・黄・緑の3色で判定結果表示する機能があったり、スマホと連動してデータを記録する機能等がありますが、逆に使い方も複雑になってしまうのが難点です。

BC-705N-WHまとめ

このように一般的な測定がひと通りできて、しかも低価格といった点が人気の秘密で、アマゾンで堂々ベストセラー1位になっている理由です。

アマゾンのカスタマーレビューをみても四つ星以上が83パーセントといった高評価を得ていることからも満足度の高さがうかがえますね!

BC-705N-WHを最安値で買うなら

気になるのは、なるべく安くタニタ BC-705N-WHを購入するには?ですが、2018年5月現在ではアマゾンの3,480円が最安値になっています。

楽天でもいくつかのショップが扱っていますが、アマゾンのほうがずっとお安く購入できるようです。

▼アマゾンでタニタ BC-705N-WHを購入するなら▼

タニタ BC-705N-WHの購入はこちら

コメントは受け付けていません。