GanRiver スマートブレスレットの使い方と口コミを調べてみた

僕自身そうなのですが、いわゆるガジェット好きの人間には気になる存在が「スマートウォッチ」で、有名なところではもちろんAppleWatchがあるのですが、興味はあるものの「実際に使ってみてどうかなぁ~?」と思うところもあって値段も値段なので真剣に購入を考えたことはなかったのですが、

最近は手軽な価格で、AppleWatchほど高機能ではないにしろ魅力的なスマートウォッチが続々と登場しているので、その中でもアマゾンでベストセラーになっている『GanRiverスマートブレスレット』について調べてみました。

▼今すぐGanRiverスマートブレスレットを購入したい方▼

GanRiverスマートブレスレットの購入はこちら

 GanRiver スマートブレスレットの外観について

スマートブレスレット市場で有名な「Fitbit」の製品のように縦長のパネルで、面積はそこまで大きくなくてバンド幅の幅の広さです。

パネル裏面を見てみると、その中央に心拍数を測るためのチップがついています。バンド部分自体はTPU素材のバンドになっているのでけっこう柔らかい感触で肌触りも悪くありません。

腕に巻いて振り回してみても、かなり軽いので特にじゃまになるような感じは無いようでジョギングにもよさそうです。

 GanRiver スマートブレスレットで出来ること

3000円台の価格なのでAppleWatchのように多機能ではありませんが、

  • 電話の着信通知機能
  • LINEやTwitterなどの通知
  • 歩数計
  • 心拍計
  • 音楽リモート操作
  • アラーム
  • スマートフォン捜索

それ以外にもありますが、ざっとあげただけでもこれだけの機能があって、もちろん人によって使う機能・使わない機能はありますが、

例えば僕の場合はジョギング中の心拍計機能や、スマートブレスレットから音楽の再生や一時停止、戻るなどの動作をリモート操作できる機能はわざわざスマートフォンを取り出すたびに、無駄に呼吸を乱す必要が無いので重宝しそうです。

音楽のリモート操作のできるスマートブレスレットって実は意外とは少なくて、あったとしてもたいていもっと上級機に搭載されている機能なので、このスマートブレスレットはコスパが高いのではないでしょうか?

 

使い方や充電方法は?

GanRiverスマートブレスレットを操作するためにBluetoothペアリングする必要があるのですが、まずはその際にスマートレスレットアプリをダウンロードしてインストールしておく必要があります。

ダウンロードするアプリは「smart wristband 2」というアプリで、iPhoneでもAndroidでもそれぞれ用意されています。

インストール後、まずはBluetooth接続をしていきます。

まずはスマートフォン側でBluetooth接続がオフになっていたらオンに。そして、アプリを開くとBluetooth接続を要求してくるので、GanRiverスマートブレスレットの電源を入れて、「デバイスを探す」をタップします。

GanRiverスマートブレスレットが無事に見つかったら、あとは画面をタップしてペアリング完了です。

画面の操作は基本的にパネル下部にある「〇」のような形をした部分をタッチして操作します。

  • 軽く押すと「選択・次へ」
  • 長押しすると「決定」

というシンプル操作で、最初は分かりづらくて手こずるかもしれませんがいくつも操作ボタンがあるよりも簡単で、特にジョギング中の操作はしやすいと思いました。

充電に関しては、本体のリストバンドの上部分が外れるようになっていて、そうするとUSB端子が現れるので直接パソコンのUSBに差し込んで充電することもできますし、USBアダプターで電源コンセントから充電することももちろん可能です。

いったんフル充電すると、普通の使い方(ってのがちょっとあいまいな表現ですが)2日くらいは余裕で持つようなので結構長持ちするようではないでしょうか。

GanRiver スマートブレスレットの残念なところ

もちろん、GanRiverスマートブレスレットにも「イマイチ」な点はあるので、そちらも検証していきましょう。

GmailやYahooメールの通知機能はない

LINEやTwitterなどSNSの通知機能があるのに、なぜかGmailとYahooメールでの通知機能はありません。

Yahooメールに関してはYahoo!JAPANと他国のYahooであまり関連性がないので仕方がない気もしますが「せめてGmailでの通知機能があったらなぁ」と思うのは僕だけではないと思います。

通知が来たときはその時に見ないと後では見返せない

AppleWatchなどの上級機とは違って、通知をスマートブレスレット側からでは後からさかのぼって見ることはできないので、表示が消えてしまったらスマートフォン側で確認必要があります。

天気の良い日は野外では表示が見にくい

スマートフォンの画面もそうなんですが、画面の光度の関係で太陽光の下で見ようとすると結構見にくい時があるので、画面を手で覆ってやるとかの工夫が必要な時があります。

睡眠計測の精度が甘い

GanRiverスマートブレスレットでは、睡眠計機能があって「睡眠モード」をオンにすることで自動的に睡眠期間の睡眠データ測定ができるのですが、睡眠時間の計測自体はまずまずのようですが、寝ている間中ずっとレム睡眠(=深い眠り)になっている状態もまれにあるようなので、睡眠データ計測の精度が甘いところはその機能に期待している方にはちょっと残念です。

GanRiver スマートブレスレットの口コミ

それでは、GanRiverスマートブレスレットの口コミを見てみましょう。

最近、体力維持と運動不足を解消するためにウォーキングを始めたので購入しました。スタイリッシュなデザインでとても軽くベルトも柔らかくて装着感はいいです。
腕を上げたり振ったりした時に表示がONになるのも見やすいです。
充電はベルトを外して直接USBポートに接続できるので、余計なケーブル等がいらないので気に入ってます。
充電時間は1時間くらいでフル充電になりました。
価格もお財布に優しく4000円以下で探していたので私には丁度良かったです。
スマートウォッチが気になっていたので、価格的にも手ごろだったので購入しました!
普通の時計として以外にも、歩数計機能や心拍数など健康面の計測ができのも良かったです。
使ってみて気が付いたのですが、仕事中は携帯の音を切っているのでスマートウォッチ側で通知がわかるのも意外に自分的にはとてもありがたい機能でした。
デザインが気に入ったのでランニング用に購入しました。
こちらのスマートウォッチは、心拍計機能、睡眠計測、カロリー消費、その他の運動データーなどかなり多機能なのでとても便利です。
LINEやFacebookの通知機能もあるのでスマホをバックに入れていても、スマートウォッチを着けていると見逃すことなく確認ができるので重宝しています。
スマートウォッチの購入を検討した結果、コチラを購入しました。シンプルな感じなのに「超多機能」なのが決め手でした。

音楽の操作もできるし、心拍測定、カロリー消耗表示も出来るのでスポーツする時が楽しくなりそうです。ジョギングなどの運動を、これから本格的に始めようとされている方には良いサポートグッズになるのではと思います。

最近はこんな手頃な価格で手に入るんですね。
安かったので正直、微妙かな?と思っていたんですが、思った以上に良い感じです!
BLUETOOTHでのスマホ連動はちょっと不安があったのですが、LINEの着信とかを知らせてくれるのは使ってみるとなかなか便利ですよ。

最近運動不足を感じてジョギングを始めたのですが、こういったアイテムを持ってるとサボると数字で分かるのが良いですね!?サボれなくなくなります。

充電するUSB端子の部分もベルトで完全に隠れるので、見た目にもスッキリしていてスマートです。

(口コミはここまで)

※著作権の関係上、口コミは意味内容を変えずに一部表現を変えてお伝えしています。

GanRiver スマートブレスレットまとめ

GanRiverスマートブレスレットを使うことで、

  • ポケットからスマホを取り出す手間が減った
  • 仕事中でも通知や着信が確認できる
  • 毎日のエクササイズが楽しくなった

などなど4000円以下の買い物にもかかわらずメリットがいっぱいなので低価格スマートブレスレットに興味がある方にはおすすめです。

AppleWatchなどの高級機種は手が出ないといった方には、お試しのつもりでGanRiverスマートブレスレットでスマートウォッチデビューしてみてはどうでしょうか。

▼GanRiverスマートブレスレットを購入するなら▼

GanRiverスマートブレスレットのアマゾンのページはこちら

コメントは受け付けていません。